7月29日(土) 試聴会

7月29日(土) 試聴会
オーディオ評論家麻倉怜士氏講演 PIEGA新COAXシリーズの魅力

2017年7月26日水曜日

【中古品】Accuphase DP-900 & DC-901 セパレートSACDプレーヤー 試聴室で試聴できます。

アキュフェーズ中古品のご案内

セパレートSACDプレーヤー 『 DP-900 & DC-901 』

試聴室にてご試聴いただけます。



昨年モデルチェンジをしており旧型となりますが

デジタル転送の性能を実感できる逸品です。



アキュフェーズ40周年記念モデルの第2弾として

※第1弾は 『 C-3800 』

2011年7月に発売されました。



DC-901 とは、HS-LINKケーブル1本で接続です。


 
今でしたら、900・901の流れを汲む

一体型の 『 DP-720 』 との比較試聴も可能です。


 
デジタルオーディオ全盛となっている昨今ですが、

ディスクメディアもまだまだいけると思わせる製品ではないでしょうか。


ぜひ週末前にご来店ご試聴をおすすめします。


※今週末は、土日ともイベント開催の為

2017年7月25日火曜日

【新規展示】YAMAHA RX-A1070 New AVENTAGE シリーズ AVレシーバー

YAMAHA AVレシーバー

AVENTAGE シリーズ 『 RX-A1070 』

展示開始しました。



展示機は、チタン色です。

他にブラック色のラインナップがございます。


変更点としては、

ファームウェアアップデートにより、次世代HDR規格である「Dolby Vision」と

「Hybrid Log Gamma(HLG)」に対応予定。



さらに

ドルビーアトモスとDTS:Xに対応。

ヤマハ独自の音場再現技術「シネマDSP」については、

従来はA3060のみが最上位の「シネマDSP HD3」対応(A2060/A1060は

シネマDSP 3Dモード対応)でしたが、今期モデルにおいては3機種全てが

シネマDSP HD3対応となっています。

さらに3モデル共に、ドルビーアトモス/DTS:XとシネマDSP HD3を

かけ合わせて使用することが可能となります。



また、昨年は上位機種のA3060のみに搭載されていたシネマDSPの新しい音場プログラム

「Enhanced」が、今年は3機種全てに搭載されています。

Enhancedは音の移動感・空間の表現力を強化するため、プレゼンス(前方)L/Rとサラウンド(後方)L/Rの両方をステレオ化して“4音場処理”を実施。
全方向への音源移動に追従した均一な音場創生を可能にするというもので、ドルビーアトモスやDTS:Xといったオブジェクトオーディオとのかけ合わせが想定されています。

そのために従来機種からDSPチップを3基へ増量。より高負荷な処理が可能となった模様です。



とは言っても設置スペースの問題もありますので

スリムな 『 RX-S601 』 もご用意しています。



この夏、人気のソフトをご自宅鑑賞されるご予定の方

ぜひシアターアンプの導入を検討してみては如何でしょうか。

 臨場感が増すことうけ合いです。

2017年7月24日月曜日

★在庫ございます★ Technics SL-1200GR アナログレコードプレーヤー

大人気品薄 アナログレコードプレーヤー

Technics  『 SL-1200GR 』

今でしたら当店に在庫がございます。



展示実機もございますので

試聴も可能です。



販売価格:159,840円(税込)




若干ですが、レコードソフトもございます。



 この夏、アナログレコードはじめる方・復活したい方

おすすめの1台です。

2017年7月23日日曜日

【中古品入荷】 DYNAUDIO Focus160 ブックシェルフ型スピーカー

中古品入荷のご案内

DYNAUDIO 『 Focus 160 』

梱包箱なしの為、店頭限定でご販売します。



メーカー小売価格:300,000円(税別)

当店中古販売価格:129,600円(税込)


※キャビネット打痕跡1箇所、片chツィーター凹み戻し痕あり。

(現状渡しとなります)








≪仕様≫

Sensitivity 86 dB

IEC Power handling    > 200 W

Impedance    4 Ω

Frequency Response 40 Hz – 25 kHz (± 3 dB)

Weight 7.6 kg

Dimensions (W x H x D) 202 x 350 x 294 mm



現在、Special Forty もありますので

比較試聴も可能です。

ぜひご検討ください。

2017年7月22日土曜日

DYNAUDIO 40周年記念モデル 【 The Special Forty 】 展示デモ開始しました。

DYNAUDIO 40周年記念モデル スピーカー

『 The Special Forty 』 展示デモを開始しました。

カラーは、Gray色になります。



メーカー希望小売価格 : 450,000円 (ペア/税別)


ラインナップとして、Red色もございます。



こちらのカラーは展示はございません。



外観は、Focus160を思い出させます。








Esotar Fortyトゥイータ ー

Special Fortyのための全く新規で、

完全単独使用を目的とした

驚くべき性能のトゥイータです。

Esotar Fortyソフト・ドーム・トゥイータでは、

Dynaudio研究陣は空気流を調整し、

共振周波数を低下させ、歪みを極小化しました。

同時にDSR(Dynaudioの秘法)による

精密コ―ティングによって過渡特性を

変動または圧縮させることなく

振動板の性能を細密化しています。

これはまさに我々自身への(皆様への)バースデープレゼントです。



サランネットはマグネット式



自然の制御と利用

ウーファーとEsotar Fortyトゥイーターはともに空気流を新たなレベルに引き上げています。

これをもたらしているのが新たな圧力導管、整形通気口、最適化バスケット等です。

いずれも有害な圧力増大及び共振の削減に役立ちます。

同時にウーファーのハイブリッド・マグネット・システムが入念に磁束流を処理して

パワーの増大、重量減及びサウンド制御力の大幅増強を実現します。



画像だと判りにくいですが、

表面はグロス仕上げです。 




Sensitivity: 86dB (2.83V / 1m)

IEC power handling: 200W

Impedance:6Ω

Frequency response (+/- 3dB): 41Hz – 23kHz

Box principle: Bass-reflex rear ported

Crossover: 2-way

Crossover frequency: 2000Hz

Crossover typology: 1st order

Woofer: 17cm MSP cone

Tweeter: 28mm Esotar Forty

Weight: 8.1kg / 17.9lb

Dimensions (WxHxD): 198 x 360 x 307mm

Dimensions with feet/grille (WxHxD):198 x 360 x 322mm


スペシャルなブックシェルフ型スピーカーをお探しの方

ぜひこの製品を一度ご試聴ください。

2017年7月19日水曜日

【今週末試聴会】 Accuphase A-250 製品デモ機入荷済 試聴いただけます。

今週末、7月23日(日)開催の試聴会

Accuphase  『 A-250 』  モノラルパワーアンプ

製品デモ機が入荷到着セッティング済。

23日(日)がご都合の悪い方にも平日ご試聴いただけます。



スピーカーは、B&W 802D3 です。



A級 モノラルパワーアンプ  『 A-250 』

なかなか常駐できない製品ですのでこの機会をお見逃し無く。



試聴会予定通り、フラッグシップが勢揃い。

『 DP-950 』 『 C-3850 』 『 DC-950 』 順です。

トランスポート、プリ、DAC


お目当てが別の方もぜひ



クリーン電源 『 PS-1230 』 は、 2台使用しています。




試聴会は、7月23日(日) 14時~16時 開催です。


当店営業時間は、トレッサ横浜店と同じ

10時~21時となります。

平日・土日も同じになります。


愛聴盤のご持参でのご試聴もできますので、

ぜひご来店お立ち寄りください。

2017年7月18日火曜日

【展示機特価販売】65%off! ONKYO TX-RZ800 AVレシーバー

当店展示特価品のご紹介です。

ONKYO  7.1ch  AVレシーバー  『 TX-RZ800 』

メーカー希望小売価格:171,720円(税込)を

ズバリ! 当店展示機特別価格:59,800円(税込)で
ご販売いたします。



サイズは、幅435×高さ201.5×奥行433.5mm

重さ17kg

若干高さがあり厚めの筐体です。



正直2世代前のモデルになりますが

他製品との違いとして、THX Select 2 Plus に準拠しています。

音のいいシアターアンプとしてお墨付きです。






リモコン



GUIの画面です。



同時出力チャンネル数は、7.1chになります。

今なら当たり前ですが。



DOLBY ATMOSは標準対応。DTS:Xは、アップデート対応です。

ファームウェアやアップデートの更新は

心配の無いONKYOですので、末永く使用できるはず。


DACの性能やネットワーク関連も心配はいりません。


音のいいAVアンプをお探しの方、如何でしょうか。